1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫L-シトルリンによるペニス増大の効能と副作用についてまとめた!

L-シトルリンによるペニス増大の効能と副作用についてまとめた!

ペニス増大サプリでは絶対と言っていいほどL-シトルリンが配合されていますし、
その量や質をPRされていると思います。

L-シトルリンという成分なんですが、これはアミノ酸の仲間でありアメリカでは医薬品として扱われているものです。
日本ではそうではありません。
基本的な効果効能としては血流の改善と言われており、これがひいては疲労回復やスタミナアップにつながってきます。
血の巡りが良くなって必要な栄養素が体に行きわたれば当然そういった効能が期待できますし、そのイメージは湧くかと思います。
また免疫力が上がって(陰部のみならず)体全体が元気になります。

最も重要なペニス増大効果との関連性

このサイトの主題は「ペニス増大」ですから、これとL-シトルリンがどういう関係にあるかをまとめますね。
基本はさっき書いた血流の改善です。
性機能の低下全般っていうのは結局はペニスの血流が問題になりやすいです。
特に勃起力の低下なんてまさにこれですよね。
若い時は勃起したペニスを握ればドクドクと脈打っていたと思いますが、年を取って勃起力もなくなってくるとあまりその感じがなくなってきます。
それを改善してくれるのがL-シトルリンってわけです。

が!これを飲めばペニスが増大するかと言えばそんなわけはありません。
あくまで血流がスムーズになるだけです。

ここで必要になるのが、その血流の乗せて運ぶペニスアップのための栄養成分の存在ですね。
これが増大には必要不可欠です。
世の中ではL-シトルリンこそがペニス増大に効果があるんだ!と一人歩きしている感がありますが、これは間違った認識と理解してください。

さて話を戻しますが、L-シトルリン以外に必要な成分としては、
【海綿体に成長ホルモンの分泌を促進させる効果的な多様な成分】という書き方になります。
名指しでこの成分!とだけは言い切れません。

結局、体の一部位を大きくするわけですからどうしても成長ホルモンの力は必要になってきますよね。
栄養素が大きくするのではなく、栄養素がその部位(海綿体)の成長ホルモン分泌を促進させることが重要なんです。

またこれに付け加えて
【海綿体細胞そのものを増やすに十分な栄養素】もあると尚良しです。

ちょっと小難しい話になりましたが、L-シトルリンと別途どれだけの栄養素が含まれているか、が鍵になってきますよーって話でした。

L-シトルリンによる副作用

ペニス増大サプリにはL-シトルリンが大量に含まれている・・・
なんか怪しい、絶対に副作用あるだろ!!

そんな風に私も最初は考えていましたが、L-シトルリンに副作用はありません。
調べてよくわかりました。

そもそもL-シトルリンってのはアミノ酸の1つであり、人間も体内で作り出せる成分なんだそうです。
それに仮に外部から大量摂取しても余分だと判断した分についてはおしっこから流れます。

更に更に、今までL-シトルリンの取りすぎで体を悪くしたり病気になったりというケースも無いようです。
医者ではありませんので100%そうとは言い切れませんが、そういう情報は一切見つかりません。

まぁそこに懸念が少しでもあるならば、日本ではL-シトルリンをたっぷり配合した商品は作らないでしょうね。
健康被害には特にうるさいのが日本ですから。

ちなみにL-シトルリンはサプリ会社で有名なDHCでも製品化されています。
あくまで健康食品レベルの成分ってことです。
あのDHCでも使用している成分と聞けば、それ単体でなにか特別な副作用が心配されるとか、そういう不安はちょっとなくなるのではないでしょうか。